福寿製薬について

柔軟な発想で未知なる分野へ。 代表取締役 小杉 照男
福寿製薬は、北アルプス立山連峰が社窓から一望できる、美しい自然環境に恵まれた地にあります。四季折々の自然の表情によって育まれた豊かな感性と、長い歴史によって培われた多くの経験や確かな技術で医薬品の生産に尽力しています。
1950年の創立以来、独自の技術力と研究力、柔軟な発想でお客様との信頼関係を築きながら、未知の分野へ積極的に挑み続けてきました。そして、また新たな分野に足を踏み入れます。大量・低コスト生産では対応することのできない、より細やかで、より特殊なお客様の要望にお応えするために、“少量の化学薬品で効く、取り扱いの困難な医薬品”の生産に取り組んでいきます。また、使用する化学薬品の量を少なくすることは、環境負荷の軽減や安全性の向上にもつながります。地球環境にやさしい医薬品づくりを行うことで、現代の環境問題を解決していきたい、そして未来に美しい自然環境を残していきたい。それが、私たちの願いであり、医薬品開発支援メーカーに課せられた使命でもあります。
内観画像